ホーム > 感動のエピソード一覧

  • 魚屋の大将

    ある年の夕暮れどき、お客様のご自宅から通夜会場へ、私が霊柩車を運転したときのことです。 故人の棺を乗せた霊柩車には、奥様がご乗車されました。 途中、社内で奥様が私に「主人の店に寄り道してもらえます...

    続きはこちら

  • 二度目のお通夜

    長期入院をされていた末の、ご主人の葬儀でした。 長い間の入院生活を送られていたご主人を支え続け、看病・介護をされていた奥様が喪主を務められました。 打合せからお通夜まで、喪主の奥様は本当に大変でし...

    続きはこちら

  • 「ありがとう」の手紙

    あれはちょうど1年ほど前のお葬式でした。故人はまだまだ働き盛りの男性で、奥様と3人のお子さんの5人家族でした。 私は最初の打ち合わせに立ち会うことができず、後日引き継ぐかたちでの担当でした。初めて...

    続きはこちら

  • ランドセル

    私が駆け出しの新人だった15年前の4月、6歳の男の子の葬儀を担当しました。幼稚園を卒園して春休み半ばの3月下旬、4月からピカピカの1年生になるはずだった、友達と元気良く外で遊んでいた男の子は、その夜、急に...

    続きはこちら

ページトップ

お急ぎの方はこちら

ご葬儀相談窓口

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 突然の事態にも誠心誠意、迅速にご対応いたします。今すぐご連絡ください。

Copyright © SUNRAY Inc. All Rights Reserved
無断転載・転用を禁ず